~森林まで

 それでは前作PSO、ついにそのゲーム本編へと突入です。
amarec(20160219-195702).jpg
 PSO2のチーム拠点で見たという方も多い事でしょう。これが本当のパイオニア2
こちらのメインキャラはご覧の通り男性ヒューマンレンジャーのレイマー、理由は「命中力が一番高いから攻撃外しにくいよ」と勧められたからでした。名前の由来は確か当時たまたま手元にあった遊戯王の融合モンスター:ゼラからだったような気がします。左右に*が付いてるのはセクションIDをヴィリディア(ショット系・パルチザン系の武器を中心に比較的満遍なく出る)にするため、今思うとショットガンよりもライフルの出やすいグリーニルやツインマシンガンが狙いやすいパープルナムにした方が良かった気がします(
 名前もそうですがメインカラーが青なのも後々のPSO2メインキャラ:セラへと受け継がれてるかもですね

Q.セクションIDとは
A.キャラクター名に使われた英数字にそれぞれ数値が与えられ、その合計値の下一桁の値でIDを振り分け、ドロップテーブルが決まるというもの
 IDによって出やすいアイテム、出にくいアイテム、そのIDでなければ落ちないレアが存在したため当然キャラクターを作成する際にはその戦闘クラスに合ったIDにする必要がありました。

 人気が高かったのはソード系が落ちやすいスカイリー(水色)や高性能な武器ユニットが落ちやすいレッドリア、ヤスミノコフ9000Mといった強力なTMGを狙えるパープルナムあたりでしょうかね。

 レッドリアといえばシンパシーの記事でも書きましたが見吉さんが「マイキャラのハンターがレッドリアだからハンターに有利なレアが落ちるようにしてくれない?」と当時のスタッフに指示を出していた事が判明、どーりで唯一ゴッド/バトルが狙えたりラヴィス=カノンが他のIDよりもずっと狙いやすい(出るとは言っていない)とかで「なんか露骨に贔屓されてる気がするなぁこのID」って思いましたよ(

 なお意外な事にリコはレッドリアではなくホワイティル(白)、リコ縁のレアが集中してて狙いやすいのもこのIDだったりします。
amarec(20160219-195706).jpg
 左手側には降ろされたシャッター、ここはPSO2ではチームルームと繋がってましたが本来はオンラインロビーへと繋がるテレポーター、なので当然もう利用する事は出来ません。そして外には惑星ラグオルが
amarec(20160219-195727).jpg
 外に出れば当然ですが人が居ます。ストーリー進行(エリア解放)毎に「目の前まで来たのに降りられないなんて」と不満を零す台詞から「"レッドリング・リコ"も今回ばかりは駄目なのかなぁ…」「あの星がダメならあたしたちどうなるの?」と不安に駆られている物へと変わっていきます。
amarec(20160219-195843).jpg
 PSOのストーリーって本当に救いがないんですよねぇ・・・
amarec(20160219-195744).jpg
 総督の部屋に寄ってく?<みんな
新規キャラクター作成だとここで総督から「惑星ラグオルの調査を頼みたい」と依頼されて物語がスタートします。なおPSU・Poシリーズに登場したマシンガン:グラッシャーはこの部屋の形を模した物だそうです。
amarec(20160219-195753).jpg
 総督のコリン・タイレル、名前から察せられるでしょうがあのリコ・タイレルの実の父親です。親子関係は冷え切っていてリコはコリンよりも師匠であるフロウウェンを慕い、彼がパイオニア1に搭乗すると聞いて自分も乗ると決意したそうな
amarec(20160219-195801).jpg
 総督からの信頼の厚い秘書のアイリーン、立場上私情を挟めない総督の代わりにリコの捜索を依頼してきます。
amarec(20160219-195931).jpg
 メニューやチャット画面を開くとプレイヤーのいる画面が一時的に狭められます。vita版PSO2がこんな感じですよね、画面の大きさからこっちの方がまだ見やすいですけど
 右下に表示されているのはinternet time、これの百の位が偶数の時間帯にヘブンパニッシャーが天罰を使えるんでしたっけね
amarec(20160219-195949).jpg
 ショートカットワードは当時は4つまで、まぁオンラインモードを殆ど遊べなかった身には不要の産物でした(涙目)
amarec(20160219-195958).jpg
 シンボルアートの前身であるシンボルチャット
amarec(20160219-200013).jpg
 この時からパーツが多数用意されており職人の手によって様々なアートが作られました。ガンダムとか作ってる人いましたねぇ
amarec(20160219-200040).jpg
 武器アクションのカスタム、パレットが表裏あり打撃射撃職ならば表にノーマルアタック(低威力・高命中)・ヘビーアタック(高威力低命中)・EXアタック(武器についた特殊能力を発動する低命中攻撃)の3つ、裏にレスタ・アンティにお好みでアイテムやテクニックを入れるのが基本でしたかね。私は敵に囲まれた場合に備えフリーズ効果のあるラ・バータを入れてました。
amarec(20160219-200107).jpg
 アイテムパック、所持可能数はなんとたったの30個、武器・防具・ユニット・盾・マグに回復アイテムで殆ど埋まってしまうためクエスト中は大抵数個しか拾えません。
 主力として使っていたのはチャージ系のついた武器、一回ごとに200メセタ消費する代わりに威力2倍という強力な能力、ツインマシンガンだと一度に3連射なので200×3×3段で1800メセタ溶ける訳ですが見返りは十分です。高ヒット属性のついた店売りコモン武器を厳選するだけの簡単な作業(すぐ並ぶとは言っていない)
 あとはぶっ壊れの代表格でもあるフローズンシューター、オンラインデビュー記念に「これあればUltも行けると思うから頑張りな」と貰ったものです。
amarec(20160219-200118).jpg
 フロシュとチャージグングニルは貰い物でしかも属性値が90%やら恐ろしい品…EP2で武器の属性値を上げられるクエストがあったのでそれで上げた物、強い武器が既にあるからとお古として頂きました。当時のフレンドにただただ感謝
 この時からレンジャーなのにグングニル(パルチザン)とかスタッグカットラリ(ダブセ)とか赤のセイバー(セイバー)とか打撃武器幾つも持ち歩いてるとかもう駄目猫の脳筋!いやまぁレンジャーは命中力高いですから打撃武器で戦うのも普通に有りだったんですよね。というかPSOはVHから敵の移動速度が上がるのでソロプレイだと射撃武器だけじゃ対応出来ないんです、はい…

 そして気になる武器の+値、PSOでは下位の武器ほど強化可能な回数が多く、上位の武器になるほど少なくなるという特徴がありました。上位の武器ほど性能も高く、更に強化する手間もかからないという事ですね。これはレア武器も同様でありレアリティの高い物ほど強化せずとも高い数値を誇り、あのラヴィス=カノンも強化可能回数が0にも関わらずそれ以下のレア達を大きく突き放すまさに最強のセイバーでした(BBでエクスキャリバーによって過去にされたようですけど)

 例外としてリコの装備する「赤の」シリーズはセイバーなら+78、ハンドガンなら+50とどれも非常に高い値まで強化可能でした。Ult上がりたての新米からベテランまで愛用者も多かったシリーズです。
amarec(20160219-200334).jpg
 スケープドールやグラインダー系がスタック出来ないのでこの有様である。PSOではドロップするスケープドールですがこれもかなりドロップ率が低いのでUltで即死攻撃だらけのフィールドに行くとガンガン減ってジリ貧になるんですよねぇ・・・
amarec(20160219-200344).jpg
 強化に必要なグラインダーにもメイト系同様モノ・ディ・トリグラインダーの3種類があり、それぞれ強化値が+1、+2、+3されるというものです。各グラインダーを使うだけで強化出来るので無論メセタは要りませんし失敗もありません。あぁなんて素晴らしい、「PSO」2の名を冠するならここをちゃんと引き継いでほしかった・・・
 マテリアルは各ステータスを2ずつ上昇させるブーストアイテム、ただし命中力を上げるヒットマテリアルは過去のバージョンで問題となったためGCではありません。その問題とは「マグ」

 マグによるステータス上昇はPSO2と違い「攻撃力はレベル×2上昇」「防御力はレベル×1上昇」「命中力はレベルの1/2上昇」「精神力はレベル×2上昇」となっていました。つまりヒットマテリアルはマグの4レベル相当の効果を持っていた訳です。GC版以降限界命中力が一番高いレイマーでさえ基本値と限界値の差は19、マグレベルにすると38、しかしマテリアルで補えばその38レベル分を攻撃力(76)につぎ込む事が可能なってしまいます。マグの命中ステータスの存在意義が薄れてしまうから削除されてしまった悲しみのヒットマテリアル

 あとドリームキャスト時代はマテリアル使用制限が無制限だった事もあって時間さえかければどのキャラクターでもカンストが可能だったとか、「キャラ毎の個性が無くなる」という理由から以降のバージョンではヒューマンは250個キャストとニューマンは150個という上限が設けられました。そしてこの使用上限ですが後からそのキャラクターのどのステータスに何個マテリアルを振ったかは分かりませんしリセットする事も出来ませんでした。

 最初何も考えずに手に入れたマテリアルかたっぱしから食わせたおかげでゴッド/ラック(クリティカル発生率に関係する運+30)をつけても96とカンスト出来なくなってしまった我が家のZERA君です(涙目)
amarec(20160219-200410).jpg
 他には特定のレアアイテムを別のレアアイテムへと変化させられるスターアンプやフォトンブースター、上に書いた武器の属性値を上げるためだったり特定のアイテムを交換するのに必要だったフォトンドロップとスフィア、そしてお馴染みミュージックディスク
 PSOのミュージックディスクは消費アイテムで、戦闘中に使用する事でBGMを変えられるという物でした。ボス戦で突然若き光吉さんによるバーニングレンジャーが流せたり出来たんですよね、えぇ
 当然もう他に入手手段がないため使う訳にはいきません。今後もずっと倉庫で大切に眠らせておくことでしょう。
amarec(20160219-200437).jpg
 さぁいよいよフィールドに降り立ちます。PSUやPoシリーズをしてきた人達にも見覚えがある森林エリア、ゲーム中では(恐らく)名前は出なかったと思うのですがここは「ルプスの森」と呼ばれるそうです。
amarec(20160219-200457).jpg
 攻撃は以降のシリーズ同様3段まで、ただしフォトンアーツがありません。攻撃手段はこの攻撃3段とテクニックだけです。TPはテクニックを使用するために存在し、そのテクニックもPo2以降のように3連発なんて事は出来ません。そしてJAリングがないため攻撃を繋ぐタイミングを体で覚える必要があります。タイミングが合わなければそこで攻撃終了、PSO2みたいにJAは失敗したから威力は低いけど攻撃は続けて出るよ!なんて優しい仕様はございません。
 慣れれば2段目3段目を楽々と出せるようになりますがただ最速で繋げてもエネミーによってはのけぞりキャンセルで攻撃に割って入ってきたりするためディレイ(わざと攻撃のタイミングをずらす)といった技術を用いる必要もありました。
amarec(20160219-200512).jpg
 素振りしてたら真後ろに次のエリアへと繋がるテレポーターが視えましたね(
しかし飛び降りてショートカットなんてアクションはないのでエネミーを倒しつつぐるっと回るしかありません。
 そしてそのエネミーと戦ってないのにHPが減ってるのは装備してる防具ルナミスフィールドが高い防御力を誇る代わりに5秒おきにHPが1ずつ減っていくという効果を持っているため
amarec(20160219-200523).jpg
 さぁ早速道が左右に分れてる訳ですがその前にメッセージパック
amarec(20160219-200528).jpg
「あー あー・・・コホン
あたしは リコ。ハンターのリコ=タイレル。

これからこのカプセルを記録として残していくことにする。
後にあたしに続いてくる者のために。

今、これを聞いてるなら、判るはずよ。
この惑星ラグオルに何らかの異変が起きつつある事を。

忠告しとくわ。気を抜かず、常に周囲に気を配ること。
もし 生き抜くことを望むなら、ね」


 かの有名なリコのメッセージカプセル、その一つ目です。パイオニア2のハンターズ(プレイヤー)はこうしてリコの後を追って森林、洞窟、地下坑道、遺跡へと進むわけです。
 基本的にこのカプセルは周囲にエネミーが居ない時に読める物なのですが

 場所によってはエネミーが居る状態で読める事もあり、一度アクセスすると台詞を最後まで聞かないと身動きが取れない。
 連打で読み終わったと思ったらまたアクセスして動けない事態に陥りそのまま敵になぶり殺しに遭うハンターズも決して少なくなく
通称「リコトラップ」とも呼ばれ数あるトラップの中で最強と名高い


 更にN~VHとUltとでメッセージの内容が違ったりします。

amarec(20160219-200553).jpg
 ハンターズならば誰もが最初に遭遇するであろうブーマ、Po2iのように飛びかかってくるような事はなくゆっくりとこちらに近づいてきてから腕を振り下ろしてくるだけです。地味に左右で攻撃速度が違うという利き腕もち設定
 攻撃パターンは「近づく→プレイヤーが目の前にいれば腕を振り下ろすor障害物に引っかかったりして近づけないようならば迂回する」の2パターンのみ、低難易度では脅威でもなんでもないですが高難易度になると攻撃力の高さと物量で
 殴られてダウン→その間に他のブーマに取り囲まれて抜けられなくなり延々とサンドバッグ
なんて事もあります。そ の た め の ラ・バータ、数匹凍らせてらがむしゃらに攻撃し、一匹でも倒して活路を見出します。
amarec(20160219-200612).jpg
 Po2・Po2iではかなりの嫌われ者だったバーベラスウルフ、サーベラスウルフと群れを成して襲ってくる・咆哮をあげて戦闘力強化(シフタ・デバンド)してくるのもこのころからです。ただしバーベラスを倒すと周囲のサーベラスが戦意を喪失し弱体化(ジェルン・ザルア)がかかるという親切設計、Po2はどうしてこうならなかった。
amarec(20160219-200640).jpg
 ラグオルなのでラグ・ラッピー、もっともPSOはEP1~EP4一貫してラグオルが舞台なんですけど
この頃のラッピーは倒しても経験値獲得だけでアイテムは落としません。死んだふりをするので一定時間経つか一定距離を取ると
amarec(20160219-200706).jpg
 このように寝っころがってるラッピーに再びロックが可能に、逃げようとするのでこの時攻撃を当てる事で初めてアイテムをドロップする訳です。なお攻撃を当てられなければ当然アイテムを落とさないまま逃げてしまいます
amarec(20160219-200710).jpg
 周囲のコンテナとかにロックを取られて逃げられた、なんてのはよくある事です。レア種に逃げられたときなんかもうね(絶望)
 ショットのように攻撃範囲が広い武器を使ったりラ・フォイエやグランツといった着弾系テクニックを使うと確実か
amarec(20160219-200723).jpg
「おかしいとは思ったんだ。
森の動物がこんなにも人を襲うようになるなんてさ。

この間まではどの動物もみんなおとなしかったのに。

何かきっと原因があるはずだから、それを探ることにする。
ほとんど商売抜き。あたしも酔狂なことだ。

こんなことやってるから祭り上げられるのかしらね、
レッドリング・リコとかいって。

でもあたしは、そんな大層な人間じゃないし。

みんな 英雄が欲しいんだ。
そこに あたしが たまたま
ハマっちゃっただけ。」


 人は誰もが頼れる存在、憧れの対象、「英雄」を欲しがっている。そこにたまたま若くして高い才能を持っていた自分が選ばれた事、「英雄」という重荷を背負わされた事に不満を持つリコ

amarec(20160219-200803).jpg
 メインメニューを開く以外にコマンドでサブメニューを出すことが可能、これにより戦闘中の武器の切り替えやカスタムパレットにセットしてないテクニックを即座に使用出来ます。更に手動ソートが可能で優先度の高いシフデバを最上位に持ってくるなんて事も
 PSO2にもいい加減手動ソート入れましょう?オフスティアやオービットがDBというカテゴリでも下の方にあっていちいちスクロールするの面倒なんですよ。
amarec(20160219-200851).jpg
 巨大なウツボカズラのような見た目のモネスト
amarec(20160219-200857).jpg
 そしてそのモネストから吐き出されて襲ってくるモスマント、まぁ名前から察せられますけど蚊とその巣ですね。
 モスマントを潰すとそれを補充するようにモネストが新たなモスマントを吐き出します。モネストが身体を起こしてる間は1匹ずつ、ダメージを与えてダウンさせると一度に2匹吐き出すように
 数に上限があるものの一匹ずつ潰していけばちょっとした経験値稼ぎになったり
amarec(20160219-200955).jpg
ブーマの上位ゴ・ブーマ、あとエリア2にジゴ・ブーマがいますが実は色でテクニックの弱点属性が決まっていたりします。ブーマは身体が赤いのでフォイエ(炎)系に弱く、ゴ・ブーマは黄色いのでゾンデ(雷)、ジゴ・ブーマは紫色でバータ(氷)弱点となっています。

amarec(20160219-201032).jpg
 さぁ続いてエリア2、エリア1とは打って変わって終始雨が降りっぱなしの悪天候、正面には生活の拠点であるセントラルドーム、本来ならあの周辺や中にパイオニア1のクルーがいるはずなのですが・・・
amarec(20160219-201041).jpg
「大変なことが起きた…!
大きい地鳴りと共に 地下から
何かが 吹き上がってきて…

セントラルドームで大爆発が…
あれじゃ 中は…!

…何を言って良いか 判らない。

この惑星に降りて 7年、
せっかく みんなで ゼロから
環境を 整えてきたのに…

いったい 何があったの?
ここんとこの異変と
何か 関係があるの?」


 この大爆発というのがOPであった
amarec(20160219-195522).jpg
 これです。爆発はかなりの規模ですしカプセルの設置場所的にリコも巻き込まれてもおかしくはありません。なのに彼女が無事だったのは・・・「選ばれてしまった」という事なんですよね。
amarec(20160219-201549).jpg
 ロックベアの前身たるヒルデベア、PSUでもヒルデドゥールとか似たエネミーが居ましたよね。遠くからこちらを捕捉するとジャンプで距離を詰めてくる・高い攻撃力を有した殴り、という攻撃パターンが後のシリーズにしっかり受け継がれてます。
 あとついでにこちらはフォイエに似た炎を吐いてきます。そしてこの炎を吐く生態が後々あるクエストの引き金となるのでした。
amarec(20160219-201640).jpg
 デカデカと立つ謎のモニュメント
amarec(20160219-201645).jpg
「このでっかい柱は、パイオニア1の
移住を記念して建てられたものだと
言われてるけど…

そんな 最近のものとは思えないなあ。
詳しくは、調べてないけど…

それに この模様は…
文字だろうか?」


 森林・洞窟・地下坑道の「エリア2」に設置されているこのモニュメントはダークファルスの眠る遺跡エリアの入口を封印するための物であり、これを起動させなければ地下坑道をクリアしても遺跡へ入れないという初見殺し要素、やっと遺跡についたと思ったら1カ所だけ起動してなくて扉が開いていなかったなんて事もよくやらかしましたよ(遠い目)
 古代文字なので当然ラボに多数のサンプルを送って解析しなければ内容は分かるはずも有りません。しかしリコは手持ちのツールと洞窟以降の複数のサンプルを調査しただけで遺跡にたどり着いた時にはほぼ解読出来てしまったのです。
 流石は「天才」「英雄」と呼ばれる彼女、しかしその才能がありすぎたがために・・・
amarec(20160219-201704).jpg
 本来安全が確保されているはずのセントラルドーム、原生生物たちがここまで侵入出来るようになっていること、パイオニア1クルーの姿が一人も確認出来ないという事は・・・
amarec(20160219-201757).jpg
「ダメ。ここは開かないわ。
他の経路を探すのが賢明よ。」

 手前の入口が壊されてしまっているため奥に見える大きなテレポーターがセントラルドーム内部へと繋がる唯一の道、フロシュでバシュッとベアを退けていざ
amarec(20160219-201828).jpg
 転送された先には・・・ファッ
amarec(20160219-201829).jpg
 セントラルドーム地下にある謎の広い空間、そしてそこには伝説上の生き物が
amarec(20160219-201843).jpg
 はいこちらもお馴染み最初のボスエネミー:ドラゴンです。基本的にゆったりとした動きから前方に火炎放射をしてきたり飛翔して火炎弾を吐いてくる少ない攻撃パターン
amarec(20160219-201850).jpg
 一定ダメージを与えるとダウン、頭が一番ダメージが通りやすいのでここを集中狙い
amarec(20160219-201908).jpg
 更にダメージ蓄積で咆哮と共に攻撃パターンが変化、Po2以降のプレイヤーなら見てきたであろう地面の中に潜りプレイヤーめがけて突進してくるあの攻撃をしてきます。
amarec(20160219-201913).jpg
 まあその程度ならもうSS要らないでしょうし何より長くなりすぎたのでそろそろ一区切りつけなくてはね、という訳でドラゴン君お疲れ様です。
 バズーカ系は多ロック可能+上方向にとんでもなく強い判定を持っているので飛翔したドラゴンにも余裕で当たるという対ボスでは非常に有効な武器
amarec(20160219-201917).jpg
 膝にギ・グー・バズーカを受けてしまってな・・・
amarec(20160219-201925).jpg
 断末魔をあげてドシーン、このダウンにも当たり判定があるので「やった!倒した!」と油断した初心者ハンターズを絶望へと陥れるまさに初見殺し
 Po2に登場した際もこの設定が見事に再現されてましたが流石にあちらほど逃げる猶予ないという訳ではありませんので2回目以降ならそう潰されはしないかと
amarec(20160219-201957).jpg
 そしてパイオニア2に帰還、帰還したらまず真っ先にやる事は総督への報告、そうしないと次のエリアが解放されません。

 こんな事を洞窟・地下坑道・そして遺跡とやっていくわけですね。森林はエリアが2つしかないからまだいいものの洞窟から早速エリアが3つに増えたり情報量増えたりで本当に続けられるか怪しいものですね(白目)
 普通にエリア攻略していくだけではアッシュやキリークとも会えませんからちゃんとクエスト(依頼)もやらないとですよねぇ・・・あぁ本当にEP2はおろか遺跡に行くまでどれだけ時間がかかるか

 ともあれ今回はここまで、次回は洞窟・・・の前に必要最低限だけでもクエストに登場するNPC達を紹介しましょうかね。それではでは


(C) SONICTEAM/SEGA 2000,2003

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぺんぺん

Author:ぺんぺん
ようこそいらっしゃいました。
どうぞごゆるりと

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR