FC2ブログ

PSOクエスト坑道編part1

 遺跡素潜りクリアからまた随分間が開いてしまいました。PSO2が忙しいからね、シカタナイネ。年内にせめてもう1回くらい…と思って頑張って更新
amarec(20171025-162019).jpg
「オスト博士の研究」
 オスト博士とは「フォトン工学だけでなく遺伝子研究の権威でもある。いわゆる天才ってやつだな。当代だとパイオニア2のモンターギュ博士と双璧を成す優秀な科学者だねぇ」と評される天才科学者、パイオニア1に搭乗していたのですがご存知の通りパイオニア1の乗員は全員行方不明、しかし暴走状態とはいえシステムが生きているラグオルの坑道エリアにはその研究記録が残っているかもしれない。そこで
amarec(20171025-162041).jpg
 データが発見出来ればパイオニア1が秘密裏に研究施設を作った理由や地上の大爆発以降マシナリー達が暴走している原因が解明できるかもしれないというのが今回の依頼、研究を横取りしようとか邪な意図はなさそうなので早速向かいましょうかね。

 そしてクエスト名でお気づきの方もいらっしゃるかもですがPSO2の男性サモナーの名前はこのオスト博士からとられています。
amarec(20171025-162545).jpg
 坑道へ降りてみれば道を阻むようにパルチザン装備のレイマーが
amarec(20171025-162553).jpg
「お前、運が悪いな…
 ここらへんを通ったやつは
 黙らせとけって言われてるんだよ」

amarec(20171025-162600).jpg
 よし、黙れ
 無慈悲なフロシュ
「ちッ…お前…
 あまり深入りすると…死ぬぞ」

 お約束のような捨て台詞を吐いて消えるレイマー君、えーと彼の名前はトンズラーでしたっけトボッケでしたっけ・・・確認し忘れた。
amarec(20171025-162653).jpg
 邪魔者を退け先へ進むと端末で何やら調べものをしている女性
amarec(20171025-162658).jpg
 ゴメンナサイ
「…誰?
 パイオニア2のレンジャー?ふーん…
 坑道へ行くの?奇遇ね。私も一緒なの」

 やっぱり僕は、【坑道】を征く…
「… … …
 そうだ。キミ、協力しない?
 そうそう 協力
 坑道を調べる間だけよ。
 ここで会ったのも何かの縁だし
 いい考えじゃない!協力すれば楽でしょ?」

amarec(20171025-162714).jpg
 うちさぁ…依頼あるんだけど…協力してかない?と野獣の如く押し入ってきたハニュエール、出逢って数秒で合t…協力だなんて森林でもフレイムビジット装備した「しゃらくせぇ!」レイマーを思い出す。まだお互いの名前すら知らないんですけど!
amarec(20171025-162741).jpg
 アッハイ、スゥさんですね(即解決)
 そう、このデフォルトハニュエールこそPSO2でもお馴染みスゥ、赤(紫?)髪や露出の多い服、EP2以降のOPではパルチザンを使ってますが最初はワイヤードランスを使っててネイクローもワイヤードランスとしてPSO2に輸入されたりとしっかりと受け継がれていますね。
「キミさ、ここに来るのは初めて?
 あ。あたしは初めてよ。」

 ほんとぉ?
「あ。うん。そうそう。
 今回あたしも依頼みたいなものでね
 キミと一緒みたいなものよ。」

 ちょっと怪しい雰囲気がしますが「もしもの事」があったらその時対処しましょ。
amarec(20171025-162820).jpg
 そしてこのスゥさん、キリークの旦那ほどではないもののVHの適正レベルを優に超えていて使用武器がレアのネイクロー、マシナリー達に有効なゾンデ系を中心に立ち回るので火力もあり結構役立ちます。新難易度上がりたての新米ハンターズには良い壁役となってくれます(オイ)
amarec(20171025-163245).jpg
 マシナリー達を全て倒したのにロックが解除されない扉
amarec(20171025-163248).jpg
 すると「ちょっと待ってね」と扉をいじくるスゥ
amarec(20171025-163256).jpg
 やるじゃない!(ニコッ)
 ようするにスゥを無視しても彼女が同行してないとこれ以上先に進めないという事です。
amarec(20171025-163357).jpg
「実はね…ちょっと心細かったのよ。
 仲間ともはぐれちゃってさ、なんだだ人気もないし。
 こんなにも生命を感じないっていうのは、
 やっぱりいい気がしないものね。
 上の階にいたあの気持ち悪い生き物でもまだましだったかも。」

 お気持ちは分からんでもない…
「… …ねえ。
 …ところで、結局キミ、どこへ向かってるの?」

 ラブロマンス物だとこのまま二人で駆け落ちしようとかそんな展開があったかもしれない。ガッデム
amarec(20171025-163409).jpg
 秘匿義務がありますから…ごめんなしあ
amarec(20171025-163559).jpg
 少し進むとまたレイマー…って懐かしいな君!元気にしてたかい
amarec(20171025-163603).jpg
 おや?スゥとはお知り合いで?
「…っと。
 ………」

 ふうん。だんまりか。つれないのね。
amarec(20171025-163629).jpg
 ふふっ、元気?挨拶は基本、これ以上は何も話してくれないので先へ進みましょう。
amarec(20171025-163801).jpg
 奥へ進むと素潜りの時には見られなかった大量のカプセルが、如何にも実験体とか入りそうでつね…
amarec(20171025-163807).jpg
 プレートが落ちている…
「オスト・ハイル第一研究室
 生体工学博士・フォトン工学博士
 パイオニア1 バイオテクノロジー開発主任」

 フォトン工学及び遺伝子研究の権威であるオスト博士の研究室だから何もおかしなことは書いてないはずなのに不穏な臭いしかしない不思議
amarec(20171025-163826).jpg
 そして奥の部屋の研究端末へ
「メインコンピュータ…アクセス不能」
 メインが駄目ならサブはどうか
「サブコンピュータ…アクセス」
 やったぜ。
「オスト・ハイル検索…コード?」
 ここでクライアントから渡されたディスクを挿入
「…ガイトウ アリ
 … … …
 識別完了。データを転送シマス…
 …施設概要 転送…」

amarec(20171025-163843).jpg
 ここで突如出てきた被検体の「生造」データ
「…遺跡発掘記録 送信…
 …被検体β772暴走記録 送信…
 …データ転送 完了…」

 気になるワードが多数、詳しい事はクライアントに任せるとしてさぁ帰還
amarec(20171025-163856).jpg
「まさか君もオスト博士の事を調べていたなんて…偶然ね」
 怪しい(確信)
「そうなの。わたしもオスト博士の調査でここまで降りてきてるの」
 クライアントから他にも調査を依頼したとの話は聞いていない、つまり彼女のクライアントは別にいる…果たしてどこの誰か。そして彼女もこちらがどこからの依頼なのか気になるはず、目的が同じなのだから
「キミ、さ…
 … … …」

 「もしもの時」は…空気が張り詰める。

「…いや、余計な詮索はやめておくわ。
 とりあえず目的は一緒なんだから協力しましょ。今のところは」

 『今のところは』か…そして彼女もデータを録り依頼は終了
amarec(20171025-163925).jpg
 こちらの依頼は終わりましたが彼女はまだ資料が残っているかもしれないのと、はぐれた仲間の捜索があるというのでここでお別れです。
「じゃあ…」
 じゃあな!(例のBGM)
「… ・・・ …
 そうだ!キミ、名前教えてよ!」

amarec(20171025-163935).jpg
 此処が物語の分岐点、スゥに名前を教えるか否かで今後のクエストの内容が一部変化します。名前を教えればEP2まで因縁が続く『スゥルート』、教えなければキリークの旦那とのイベントが増える『キリークルート』へ分岐、そしてこの分岐の恐ろしい所は一度選択するともう修正が効かない事です。

 最初スゥルートを選んで全クエストクリア後、過去のクエストが再度受けられるようになった際に今度は「教えない」を選んでもキリークルートに移行する事は出来ません。なので両方のルートを見たい場合はキャラ毎、または難易度毎にルートを選ばねばなりません。難易度の影響もあるのでその点は考慮してどちらのルートを選ぶかを決めましょう。今回は「教える」を選択
amarec(20171025-163939).jpg
 これで「スゥルート」となり今後のクエスト…だけでなく時間を逆行するように洞窟のクエストにも登場しサブクエストのストーリーに深くかかわってくる事となります。
amarec(20171025-164037).jpg
「これを調べれば何か分かるかもしれん。
 ラグオルで何が起きたのか…
 ありがとう。報酬はカウンターで受け取ってくれ」


 こうして依頼は終了、次回はデータを解析したこの学者がなんとハンターズの服を着て同行するというお守りクエスト、スゥが今後どう絡んでくるか、被検体β772とは?どうぞご期待ください。



(C) SONICTEAM/SEGA

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぺんぺん

Author:ぺんぺん
ようこそいらっしゃいました。
どうぞごゆるりと

当ブログに掲載されるPSO2SSの権利は全てSEGAに以下省略
(C) SEGA
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
年別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR