FC2ブログ

すっげぇ黒くなってる。はっきり分かんだね

 PSN側の問題でPS4版のアップデートが遅れてメンテバーストという素晴らしく運がないハプニングはありましたがなんとか24日中にメンテが終わり、ついにやってまいりました「崩城に蘇る黒衣の邪龍」!「DPSチェッカーが無い分グラーシアよりは簡単」との事ですが10%ほどの攻撃力ブーストがかかっており戦闘不能回数3回で失敗なのでそれなりの緊張感をもって挑むことになるでしょう。まぁその前に軽くスクラッチをと
pso20180124_221031_001.jpg
 一狩り行けるぜ!そこそこの価格で売れる物は出ましたが中でも高いゆかりさん関係はルームグッズのみ、マイショップ出品しても良かったのですがゆかりさんの大ファンである某フレンドさんにこっそりマイルームテロ、やっぱ喜んで飾ってもらえる人の所へ行った方がグッズも幸せでしょうからね。
pso20180124_233118_015.jpg
シエラ「私たちにはアリサさんの援護が付いています!(さっきの1/3)」
 エフィメラの力で黒くなったという邪龍先輩との戦い。これまでの再戦との違いは前哨戦が入っている事で「カット出来なかったのか」という意見も多数、まぁムービーを挟まずシームレスでクエスト進行する関係上仕方がないのかなという気もしました。10%程度でもオークボンバの自爆やミノタオルグスの突進が重なったりすると馬鹿にならないダメージになるのでいきなりドラゴンの攻撃力の高さに驚くよりは前哨戦で「攻撃イテェ!」と警戒心や緊張感を持ってから挑んだ方がいいだろうという運営の気遣いか(ナイナイ)
pso20180124_233231_016.jpg
 パパッと魔物種たちを蹴散らしていざドラゴン戦、行動パターンに変化がないのはデウスや大和もそうでしたし、パターン追加したらしたでクレーム出そうな気もしますから別にいいかなって感じ。
邪龍
 エリュトロンに比べてやけに固いな!?と思ったらグラーシアの時のようにダメージ5割カット、HP4割で体感エリュトロンの8割くらいになるよう設定されてるようでした。そしてラコニウムソードは1本のみで一度手放すと再度使えるようになるまで10秒かかりますので拾ったからにはきっちり弱点化してから手放したいですね。ただでさえラコニウムソード装備中はHPが2100ほどあるとはいえ防御力が紙なので攻撃力ブーストがあるアートルムに2~3発で削り切られてしまう危険性も大

 CTを気にして握りっぱなしにしておくのも自前の装備で戦うよりも火力が下がったりアートルムが暴れまわって胸破壊に時間がかかったりした場合、肝心な時に60秒経過で手放してしまい翼を弱点化出来ないという事もあるのでやはり弱点化したらすぐに手放すのがいいですかね。体感8割の耐久力ですから10秒かからず壊すなんてそう出来ませんし
邪龍1
 4人とあって撃ち落とすのが大変なメセタンシューターフェイズ、特に2回目からはブライトさんが喜びそうな弾幕となり落としきれない場面も
 火炎弾は一発200もないのですが何度も喰らうと流石に堪える。鍛えたR/ジャストリバーサルリカバーがあれば帳消しどころか回復量が大きく上回るので用意しておくのをお勧め

 アートルム初日によく聞いた悲鳴がシューターフェイズは2回までで両翼破壊しきれなかった後に弱点が光らない現象、私は過去2回ペアトロンしたので知ってましたが翼を破壊しきれなかった場合は本丸移動後に再び爪を剥がす所からやりなおさねばなりません。やっぱり予習として12人の方に少人数で行くのは決して無謀な挑戦でも無駄な時間浪費でもなかった。はっきり分かんだね。
 序盤と違いエリュトロンが動き回るためこれが非常に時間がかかるので出来る限りシューター中に破壊したい所、高所への攻撃手段が乏しいクラスだとここのハードルがかなり上がりそう。
邪龍2
 回復量に制限はついてないとはいえ戦闘が長期化するほどメイトや攻撃に回すPPが足りなくなってしまうため短期決戦と行きたい…ところですがそうもいかないのが邪龍先輩、グラーシアよりも失敗条件が厳しい分多少時間がかかってでも攻撃よりも回避を優先した立ち回りの方が重要になります。
 PSO2のレイドボスの多くは強力な攻撃が来る前に台詞が入る親切設計なのでまずは予備動作を、そして回避タイミングを覚えましょう。ロックしてるとカメラがグルングルン回って視界が酷い事になるのに定評がある「邪魔だァァ!!」は台詞を言いきった直後が威力の高い尻尾薙ぎ払いの回避ポイント、あとは飛んでくる瓦礫や最後プレスしてくるドラゴンをよく見て回避
邪龍3
 尻尾を叩く時にやたら連発して追いかけっこでストレスマッハになる180度ターン、これは直前の尻尾の向きから時計回りか反時計回りかを確認して逆方向へ回避すればOK、失敗条件に戦闘不能回数が関わっている場合はとにかく「攻めるだけが強さじゃないぜ!」精神で挑みましょう。
邪龍4
 4人で挑めばまず時間切れはありません。船跨ぎで3キャラ以上やりたいとなると厳しいですが2キャラまでなら余裕なのでとにかくHPは常に最大を維持、戦闘不能回数を蓄積させない事を第一に考え堅実な立ち回りをしましょう。

 DPSチェッカーなしとはいえ失敗条件が厳しく攻撃も不規則でちょこまか動き回って手間取る分グラーシアより若干難易度は高いかな?と思いながら撃破、画面が突然暗転しファッ‼?と思ったら
黒龍0
 ファッ⁉
黒龍
黒龍2
黒龍4
 完全にOPだこれ!
邪龍5
黒龍3
 まさかのOP踏襲の撃破ムービー付きでおったまげた。これはいいサプライズ、ストーリーもそうですがこういうイベントムービーでもやっぱり男性キャラの方が映えますから男性キャラメインで育てて来て良かったと思えるんですよね。
黒龍6
 なおドロップ、「SOPが付きやすいです」といってもバルが落ちなければ意味がないし「付きやすい」=「確実につく」という訳でもなく現在幻惑の森で落ちるSOPの方が強力な事、クロノスも14武器並のドロップ率でデウスのフューズ的な物もないので舌の肥えている昨今のユーザーを釣る餌としてはやや弱いか。
 「面倒な割に見返りが少ないしSOPは森があるからあまり行く必要性を感じない」という感想も多くてちょっとこれまでの再戦クエストと比べてもあまり評価は高くない…?まぁ元々再戦クエストって「腕試し」とか「☆14ドロップチャンスにもう1回ありつける」って意味合いのボーナスクエストみたいなものですからこんな物ですよね。

 旨み以外に難易度についても「思ってた程難しくなかった」「3回で失敗が厳しい」と意見も分かれた本クエスト、実装2日目から早くも緩和要求の声もあるようですけど「高難易度クエスト」と呼ばれる物をすぐさま緩和してもらおうというのはどうかなと
 「12人マルチプレイと敷居が低く気軽に参加できるのがPSO2の売りなんだから少人数向けの高難易度コンテンツはいらない」と言われてもその12人で袋叩きしてばっかのクエストで飽き飽きしてたユーザーも多かったからそれに応えて上級者向けのコンテンツとして独極やソロ花、再戦クエストが追加されたのです。参加が義務付けられてる訳でもないのだから無理に参加する必要はありません。それでも周りに置いて行かれたくないクリアしたいというのなら何度も挑む、ゼフィロスやエリュトロン等元のエネミーでしっかり動きを観察して立ち回り方を改善する、装備を見直す等の対策を取りましょう。

 高難易度コンテンツというのは今の自分の実力がどの程度なのかを知る良い機会でもあります。失敗してもその反省を次に生かせばいい。クリア出来ないからこそクリア出来た時の感動も大きい。まだクリア出来てないという方も是非とも諦めずに頑張ってみてくださいな。
pso20180124_234842_022.jpg
 こちらもグラーシア同様にスタミナとスピリタのⅢが付くようになっていて報酬期間も終わったことで各素材の相場も安くなっているため緊急直後にこれらを買い漁れば比較的安価で良い装備が作れます。ノーブルやエレガントはどうしても高いのでそこはお財布と相談
pso20180125_114518_001.jpg
 新緊急が来ても混雑にならないだのクエストがつまらないだの、ついに発売されたMHWで更に人が離れる事への懸念も上がっていますがそれでも私はPSO2が大好きですしどのコンテンツもつまらないとは思ってませんし普通に続けていきます。アートルムはこの撃破ムービーだけでご飯3杯行けるので参加する価値は大ありです。
pso20180125_024415_002.jpg
 他所で一狩りするのもいい、こっちでも一狩りするのもいい。遊び方は一つじゃありません。
pso20180125_024552_008.jpg
 DPSチェッカーがない分失敗条件が厳しく後発の再戦クエストとあって難易度はグラーシアよりも上な感じがした黒龍。グラーシアはターン制なので被弾しても次の攻撃が飛んでくるまでに態勢を立て直せるのですがアートルムはサマーソルトの後連続で高威力薙ぎ払いブレスをしてくるといった連続攻撃が多いので凄い緊張感、しかしそこが楽しく今回も倒し甲斐があり嬉しいサプライズ付きのクエストが来てくれたな!と増々今後の邪龍参加が楽しみになりました。12人参加の緩いコンテンツと1~4人の高難易度コンテンツの両立、万人を納得させるのは難しいでしょうが今後ともこういった路線で行ってほしいなと思いましたマル


(C) SEGA
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぺんぺん

Author:ぺんぺん
ようこそいらっしゃいました。
どうぞごゆるりと

当ブログに掲載されるPSO2SSの権利は全てSEGAに以下省略
(C) SEGA
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
年別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR