FC2ブログ

光と音と課金のRPG

 前回「アーレスもっと掘って戦力の増強を図るぞー」な事言ってた癖に全然アムチ回せてなかった私です<^o^>。いや、だってesの方が普段日替わりで集めるのが大変な解放素子素材が全部配信されてたからそりゃあ開放が面倒くさい☆13チップのために素材集め頑張っちゃいますよねっていう。おかげでハラルドの5枚目である☆13アーレスリュウガが最終解放出来ました。
IMG_5848.png
 と思った直後に6枚目が来やがりましたよね<(^o^)>まだ13チップが1枚もないキャラだっているのになんなんでしょうこの強運、光属性はすでにアーレスカイゼルがいて外伝クリアで発動条件がJA成功時から攻撃ヒット時に変更されたことで使い勝手が大きく向上したのと元々クラスボーナス入りますから今からネメシスキャリバーの出番があるかというと…まぁそうはいっても開放してないとモニョるので結局素材集めに走るんですよね。

 最近13チップ手に入れた[゚Д゚]や(*゚ー゚)の分も集めているのでどうしても時間を取られがち…しかし理由はそれだけではなかった。ここ数年ファンタシースター一筋だった私がついに別ゲーに手を出し、絶賛はまり込んでいるからです。さて、いったい何のゲームかというと
IMG_5891.png
 1995年に発売され、シリーズ化した「アークザラッド」の最新作「アークザラッドR」、以前記事した「思い出のゲーム4選」には入っていなかったもののこれも入れるかどうか迷った思い出深い作品、その正当な後継作が出るとなったらもうやるしかないでしょと先月の23日に即DLしました。ではまずアークザラッドがどういう作品か
IMG_5889.jpg
キャッチコピーは「光と音のRPG」
 初代プレイステーションが発売され、3Dへの移行が進む中敢えて従来の2D戦闘システムを採用し当時の最新グラフィックと完成度の高い音楽、多数のやり込み要素、続編の存在を匂わせる物語の締め方をした1作目とその数十倍の大ボリュームになった2作目が話題となり、以後もナンバリングと派生作品が多数出た名シリーズです。
IMG_5760.png
 私がアークシリーズに入ったのはこの2作目から、なので後から1をプレイした時は「前作とはいえ2よりなんだか色々しょぼいな…?」と思ってました。というのもこれは
「プレイステーションが発売されてから半年以内にRPGを出す!」という前提で開発していたにもかかわらずそれが遅れて「とりあえず作れた所までで出そう!」という大人の事情によるものだったそうです。
 続編の「アークザラッド2」のボリュームを考えるとやはり開発期間って大事ですね。そんな大人の事情もあって1作目はやり込み要素は多いものの初見では気づきにくく、プレイヤーなら真っ先に進めるストーリーが半日もかからずクリア出来る短さから発売前の宣伝の割に内容が薄すぎると発売初日から中古店に売りに出す人も多くあまり評判は良くなかったといいます。あと一部のやり込み要素が休日を丸まる消化する程の長時間拘束を強いられる点に不満の声があったとか
IMG_5761.png
 1作目の評価が一転しシリーズの火付け役となったのが続編のアーク2、1が開発途中のまま世に出したため所々目立った粗さを改善し多数の新キャラとモンスターも仲間に加えられるようになり、ストーリーとやり込み要素もさらに増して総プレイ時間が100時間を超えるほどの大ボリュームとなりました。

 更にPSゲームとしては初のセーブデータコンバートを採用し、1で登場したキャラクターのレベルや装備品が一部引き継がれて2単体でプレイするよりも強力な状態でPT加入出来る・1のキャラ関係のイベントと戦闘場面も追加されるといった特典が用意され、中にはコンバートしないと作ることができない強力なアイテムも存在したため1作目の重要性が大きく高まりました。
 私も1をプレイしようと思ったきっかけは、2のラストダンジョンでようやくHP1000を超えるボスが出たと思ったらラスボスがそれを大きく上回る4000超え、死に物狂いで倒したと思ったら第二形態が存在しHP9999という絶望的な数値を見て「こんなの倒せないよ」と最後の最後で諦め、コンバートしないと手に入らない・作れない多数のアイテムのみて「だから1からプレイしてないとダメって事なのか…」と思い知らされた事でした。きっとレベルさえ上げればコンバート無しでも倒せるでしょうけど引き継ぎ特典の多さから(二重の意味で)1からやり直しましたね。

 そして「光と音」という割には
・国王であり叔父でもである人物を殺害され、その濡れ衣を着せられ全世界に指名手配される
・「聖櫃」の試練を超えた直後に母親を始め多くの人質を取られ「聖櫃」も奪われる
・最後はヒロイン離脱ED
・2作目の主人公は幼い頃に部族を皆殺しにされ、魔力が強いという理由で記憶を消去され人間とモンスターを合成させた「キメラ」を生み出す研究所へと誘拐される。
・脱走するも途中で倒れて再び記憶を失う。徐々に記憶を取り戻していくも、かつて研究所で共に暮らした友人のキメラ体と戦う事に
自我を取り戻した友人が体内に埋め込まれた爆弾で目の前で爆死させられる
ラスボスを封印するために1作目の主人公とヒロインが犠牲になる
世界を救うために旅をしてきたが最終的に世界は崩壊する
 と深すぎる闇で心が病みそうになるストーリー、今作では更に課金という名の闇が追加されましたがそれがアークの魅力ではあるんですが今思い返すと結構ツライ。この3年後の世界を描いたアーク3では復興途中ながらも絶望せず全体的に明るいストーリーだったのが賛否ありましたが「彼ら」の犠牲が無駄にはならかかったというだけでも心が救われました。不満点があるとすれば2からのキャラは多数登場するのに戦闘加入するのは3人だけだったって事ですかね(´・ω・`)
 今回Rは「2の10年後」とされており公式からも1・2のキャラしか紹介されず「3は無かったことにされたのか?」と危惧する声がありましたがしっかり3のキャラも登場しました。しかし3の後のストーリーにしては「あのアレクがこんな事に加担してるなんて…!?」と疑問が湧いてきて、アーク3のストーリーを経由してないパラレルワールドの一つなのかな?と気になったのですが現在配信中のストーリーではそこまで詳しく描写されなかったためここは今後の配信待ちですかね。
IMG_5772.png

 本作では世界復興のために設立された「アークス」という組織が存在します。1の主人公アークから名前を頂いたのだろうと推察出来ますけどなんたる偶然、しかしどこからか「PSO2から逃げるな」と言いたげな視線を感じる…

酒・`)


IMG_5894.png
 戦闘システムもシリーズ伝統である2Dターン制アクション、ステータスの中に広いフィールドを1ターンに何マス動けるかを示す「移動力」というものがあり、闇雲に相手の移動範囲内に突っ込んでも袋叩きにされてしまうのと側面や背後から攻撃すると威力上昇+相手からの反撃を受けにくい、という作りになっているのでこれがかなり重要になってきます。
 更に今作では「前方3*3マスにいる味方の攻撃力を上昇」「縦横2マスにいる敵の攻撃力を下げる」といった「オートスキル」が存在しその効果が非常に大きく、この恩恵を受けられるよう立ち回らなければ格下の相手にすら負けてしまう事さえあります。過去作のように火力の高いキャラだけでゴリ押す事が出来なくなっているのが良く考えられているなと思いました。

 SSだと操作中のトッシュというキャラと上のポコというキャラが白い線で繋がっているように見えますが、これがオートスキルの効果を受けている表示であります。ポコは範囲内にいる味方の攻撃力を45%も上昇させる(esのE枠のようにダメージに乗算)ためレベルが20~30上の相手であっても必殺技で一撃で倒せるだけの火力にすることが出来たりします。
IMG_5829.png
 オートスキルや防御力ダウンの状態異常をかければ高難易度の中型モンスターもオーバーキル余裕、しかしオートスキルを使ってくるのは相手も同じなのでこちらが仕掛ける前に相手に倒されないよう注意しなければなりません。
IMG_5783.png
 キャラクターは主人公・ヒロイン以外ガチャ入手、ガチャ石は課金以外にミッション報酬(他で言う称号報酬)達成で無課金でも手に入れられます。開始直後のリセマラもしやすい部類ですが事前登録キャンペーン適用外だと10連できるだけの石貰えないのかも(ヽ'ω`)
 そしてキャラクター毎に役割が分けられており、アイコンの色で判別できるのですが
アタッカー:全ロール中最高の攻撃力とそこそこのHP、反面防御力と素早さが低い
タンク:全ロール中最高のHP防御力素早さ、反面攻撃力が低い
バッファー:タンクに次ぐ素早さと味方を強化するオートスキルが魅力
デバッファー:敵を弱体化させるオートスキルを持つ、バッファーの対となる存在、タンクに次いで防御力が高いキャラが多い
ヒーラー:唯一の回復スキル持ち、しかしHP素早さが最低なのとMPの関係で短期決戦型クエストだと活躍させづらい。

 PTが5人までで役割も5種類あるので各種1人ずついるのが理想形、しかし同じアタッカーでも得意武器や技の特性が違ってたり「ヒーラーを抜いてその分アタッカーを増やす」「デバッファー2人で大ボスを無力化する」等、「これが正解!」という編成はありません。自分の好みとクエストによってキャラを選びましょう。
 強いて言えばタンクは中級以上のクエストでは必須レベル、というのもタンク以外のロールはレベルアップと能力開放で上昇するステータスがHPと攻撃力のみで敵の攻撃に滅法弱いのです。

追記)タンクだけでなくデバッファーにも能力解放に防御力上昇ピースありました/(^o^)\タンクに比べると解放が遅い2枚目3枚目のピースに入ってる事が多いようで見落としてました。誤った情報を載せてしまったことをお詫び申し上げます。

 HP攻撃力は1000を超えてくるのに防御力は15~20のまま、防具もHPを上昇させるのが基本で防御力が上げられる装備はほんの一部で微々たる物、能力開放で唯一防御力を上げるタンクも開放に必要な覚醒石の要求数が非常に多いためそれも簡単にできない。中級以降になるとタンク以外が一撃で倒されてしまうという場面が当たり前になっていくため、先ずはタンクを先行させその後ろからバッファーデバッファーがついてフォローし最後にアタッカーがタンクの周りについたモンスターを削り倒すという流れになります。

 本当にタンク以外のキャラの耐久力なんて当てにならないのでタンクキャラの確保と育成が最重要課題となるでしょう。超主観による各ロールのおすすめキャラは
アタッカー
 トッシュ:技の倍率が180%と360%という単体相手なら最高火力を出せる。『一撃だぜ!』 通常のアタッカーよりも素早さが若干高めなのも特徴、欠点は複数の敵を巻き込める範囲技がないのと2から受け継がれし紙装甲、能力開放と防具によるフォローが大事

 リア:消費MP20で出せる範囲技が魅力、位置取りとバッファーによるフォローがあれば倍率120%とは思えない破壊力で敵を殲滅可能。欠点は単体でのHP攻撃力が低めでオートスキルを持っていないため仲間のフォローが必須なこと

エルク:倍率の高い貫通技と範囲攻撃を持っているのが売りで基本的にどのクエストに出しても活躍できる。欠点を言えばスキル倍率は高いには高いが突出はしてない事、トッシュのようにHPの高い中ボスを一撃で倒せる火力を出すのには苦労する。

タンク
 ホムラ:打撃防御魔法防御素早さの3つが全キャラ中1位でHPも2位、自身の周囲5*5の広範囲に防御力50上昇のオートバフスキル、前方3マスへの範囲攻撃と移動力低下効果付きの技持ちと非常に優秀。欠点は火力がやや低めなこと、スティンガー装備やチョンガラのオートスキルでクリティカル率を上げるとそれもカバー出来て火力耐久力両立のぶっ壊れキャラになる。タンクに迷ったらホムラ、覚えておくといい!

 ヂークベック:オートスキルがそれぞれ自身・味方・敵を対象にした3つ、255%の高倍率+75%の確率で防御力0効果を付与する自爆持ち。自爆攻撃は闘技場で格上への逆転の一打となる。バフスキルの関係で範囲攻撃を持った後衛との相性がいい。欠点は攻撃技のマルチファイアがヒット数ランダムで火力が出しづらいという事

バッファー
 ポコ:前方3*3マスに攻撃力45%アップのオートスキル、直線4マス荒獅子太鼓と50%の確率で攻撃付加を付与するへろへろラッパが非常に強力、通常攻撃も2マス先から攻撃可能なため比較的安全圏から攻撃出来る優秀なバッファー。難点はこれだけ優秀なスキルが揃っているからか本人のステータスが低い事、彼が倒されると戦力がガタ落ちになるためしっかり守ってあげること

スイレン:アタッカー寄りのバッファーで初期ステータスがどれも中の上、与ダメの65%を吸収する前衛には貴重な自己回復技を持ち更に技が2つとも反撃不可効果がついているため敵の反撃を気にすることなくどの面からでも攻撃を仕掛けられるのが魅力。オートスキルは自身の周囲1マスにいる仲間の攻撃力45%増しとなっているため前衛アタッカーが多いPTと相性が良い。トッシュとペアで突っ込ませるもよし、トッシュの代わりにスイレンを入れるのもよし。欠点は単体攻撃しかもっていない事

デバッファー
 ナヲ:自己強化と自身を中心に縦横2マスの敵攻撃力を40%減少させる強力なオートスキルを持ち、自PTとフレンド枠でナヲ2人居るとストーリーで詰まりがちな大ボスさえも無力化、タンクに次ぐ防御力の高さも相まって能力開放と防具でHPを上げれば疑似タンクキャラとしても運用できる。技の消費MPがどちらも30のため使い分けがしやすく、75%の確率で相手の移動力を0にする・必殺技使用不可を付与できる。欠点は単体攻撃しかもっていないのと攻撃倍率が低い事、疑似タンクと状態異常のバラマキがメインとなる。

 ジュリエス:前方3*2マスの敵防御力を50下げる強力なオートスキル、範囲内の敵に400%のダメージを分配する特殊な技を持っていて自身の火力を上げれば小型を一掃する事も、単体で出現する大ボスに大ダメージを与えることもできる。欠点は本人の攻撃力がほぼ最下位クラス、防御力もデバッファーにも関わらずアタッカー並みの紙装甲なので敵に倒されないようにタンクの後ろに張り付きつつバッファーのスキルを受ける立ち回りが求められる。



 初心者がまずやる事は
1.リセマラ:☆5キャラが最低1人が出るまでは粘りたい
2.ストーリー:進めないとハンターズギルドを始め、コンテンツが解放されない
3.ギルドの依頼を熟して報酬の装備作成レシピを入手する
4.曜日ダンジョンでキャラ強化、能力解放、装備素材を入手する
5.ガチャ石はガチャよりも行動力回復に優先して使うべき
6.古代王の遺跡は難易度が高いので解放されてもすぐに行くのはおすすめしない

 こんなところ、まずはキャラクターが育たないと難易度が一つ上がっただけで途端に詰んでしまいます。ガチャは「どうしてもこのキャラが欲しい」というわけでもなければ回さず、なるべく行動力回復に優先して使った方がいいです。おまけがつく関係で10連することが多いと思いますが、石1000個は行動力回復50回分になるので先に欲しいキャラが手に入ったときのために装備や覚醒石を用意しておいた方がいいです。闘技場の連勝報酬で石が大量配布されるので行動力回復に使った分もすぐ取り返せます。何事にもまずは土台作りが大事って事ですね。
 無論、お財布が許す限り先行投資して☆5キャラ目当てにガチャ回すのは有りですが石が無料・有料分と分けられており、無料分から優先して消費される関係上、有料分の有効期限が切れる前に消費しきらなければ最終的に損をしてしまうという事も考慮して課金しましょう。

 
 遊んでみた感想としては「思ってた以上にアークザラッドしてる」と自分の中ではかなりの好評価、声優とデザインの一新については是非がありますが少なくともストーリー上のキャラクターたちはほぼ過去作のイメージを維持しててその魅力が下がってしまっているといったことはありません。昔の良さをそのままに、PT編成の大切さや戦闘中の駆け引き等メインコンテンツである戦闘の楽しさは更に増した名作のにおいがプンプンします。これは今後のアプデにも大いに期待出来るというものですね。



 さて、最近は80~90年代の名作が形を大きく変えて再び世に出てきたというのが多いですね。バーチャロンや30周年のファンタシースター、そして今回のアークザラッド、ファンの声には「ラノベとコラボせず単体で出せなかったのか」「どうして据え置きじゃなくてスマホで、それもソシャゲになったのか」というのも多いですけどそうもいかない大人の事情や、次回作出ないかな出ないかなぁと待ち続け、いつしか諦めたり忘れてしまった作品がどんな形であれ再び手に取れるようになった。それだけでもうファンとしては嬉しいんですよね。

 私のフレンドさんの中にもファンタシースターサーガは発表直後から「どうして自分たちの良い所をかなぐり捨てて流行に乗ろうとするんだ」と落胆したり、アークもキャラデザや声優が一新されソシャゲになった事に不満の声がありました。確かに私も最初は驚きました。しかし昨今のインターネットユーザーは開発途中どころか発表時点で評価を決めがちだと思います。
 作品というのは蓋を開けて、自分の手に取ってからでなければ正確な評価なんて出来っこないのです。周囲からは評判の悪いゲームだっていざ触ってみれば自分にピッタリなゲームだったりするかもしれない、その評判が嘘っぱちであると分かるかもしれない。私にとってはPSO2、そしてこのアークザラッドRがまさにそれです。どちらも思い出補正だけじゃなく自分が「楽しい」「面白い」と思えるから持ち上げたくなるしそれを少しでも広めたくなるのです。

 リリース直後は好評だったアークも3週間もたつと闘技場の連勝記録がシーズン毎にリセットされてしまう仕様、徐々に不具合が出て来たり装備作成・キャラ強化に必要なアイテムが曜日別に設定されてて要求数が果てしない事への不満の声が急激に増えてきた感じがします。開発・運営側に何か一つでも落ち度があれば、気に食わない点があれば途端に噛みつくクレーマー気質なユーザーが本当に増えたんだなぁと実感します。そりゃあ「日本人はどんな小さなミスも許さないからリスクが高い」って海外から敬遠されますよね。
 お金払ってるんだからちゃんとやれって言いますけどちゃんとやってるからこそサービス継続してくれてるわけで、まずそれに感謝しないとね。不具合だ不祥事だで危うい状況に陥ってるからこそ、それを取り除くため、より良いサービスを提供してもらうために課金するのが昨今のゲームなんじゃないかなぁと思ったり。まぁそんな偉そうなこと言う割にそこまで課金してないんですが!
IMG_5766.png
 過去作やってると思わずジーンとくるこの台詞なんですが昔のイメージを守りつつ今必死に開発してるスタッフのメタな発言にも見えたりします。スマホ化については色々意見がありますが今や据え置き機よりもずっと普及していてお手軽に始められること、悪名高いソシャゲは実際稼ぎがいいから上から指示が来たらそうせざるを得ないわけですから仕方ないですね。
 どんな形であれファンが新作を手に取れる事、新規がこれを機にシリーズに興味を持ってくれるかもしれない、反感よりもメリットのが大きいんじゃないでしょうか。少なくともこれまで他のゲームを買ってもストーリークリアすらせずすぐPSO2に戻ってしまった私が「これは課金してでもがっつり遊びたい」と思えた。それくらい今回のアークは満足度が高いですしシリーズ最新作をスマホで出そうという流れになってきているのに納得したりPSサーガもこうなってくれるのかなと期待し始めました。

 あれだけPSO2だけで手いっぱいだと言っておきながらついに他にも遊びたいと思えるゲームが来てしまいました。お財布のやりくりが大変になりますね(白目)しかしお金は使ってなんぼ、借金してまでとか度が過ぎた課金はアウトですが好きな物に投資する事自体は決して悪ではないというのが私の考えなのでうまくやっていけるよう努力してまいりましょう。


 途中から関係ない事書き連ね始めちゃいましたねタハハ。しかしアークザラッドRは超おすすめです!シリーズのファンだけでなく新規さんにも是非手に取ってもらってあわよくば過去作も遊んでもらいたい。そう思える作品なのでどうぞDLしてみてくださいな。機会あれば各キャラの考察やら闘技場、遺跡攻略とか書きましょうかね。あったら(オイ)
 それではでは

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぺんぺん

Author:ぺんぺん
ようこそいらっしゃいました。
どうぞごゆるりと

当ブログに掲載されるPSO2SSの権利は全てSEGAに以下省略
(C) SEGA
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
年別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR